人気ブログランキング | 話題のタグを見る

むつみ先生奮闘記

horiient.exblog.jp ブログトップ

ニュージーランドの旅−1

私の冬休みNZ旅行のご報告をさせてください。もし興味がおありだったら読んでください。とっても素敵な国なので、たくさんの人に興味を持ってもらえたらうれしいと思います。
ニュージーランドの旅−1_b0058160_22125550.jpg
オークランドからクイーンズタウンまで運んでくれた飛行機は、NZが誇るラグビーのナショナルチーム=オールブラックスをモチーフにした飛行機です。この飛行機、シートも真っ黒で、アテンダントの制服も黒です。AirNZらしいトライかも。ちなみにAirNZの機内での安全説明のビデオ、とても楽しいですよ。日本の航空会社もこんなの作ってくれたらいいのに、ね。



ニュージーランドの旅−1_b0058160_2213971.jpg
クイーンズタウンの空港からワナカに向かう途中の景色です。現地時間でAM11時くらい、日本の7時。徹夜明けみたいな顔の私は、飛行機であまり寝られなくて、本当にほとんど徹夜明けでした。同じく寝られていない息子は、レンタカーに乗るやいなや、大いびきをたてて眠っていました。




ニュージーランドの旅−1_b0058160_22131659.jpg
最初の宿泊地、マカロラという田舎の町の川です。マカロラはワナカと西海岸のハーストという町の中間地点です。カフェとショップとガススタとインフォメーションが一緒になったお店がちょっと離れたところに1軒ある以外は、本当に何もない町。でもこの町をわざわざ私は選んだのでした。こういうNZらしい場所を息子に見せたかったのです。静けさも景色のエッセンスのような場所、街灯のない闇の中でおびただしい数の星が落ちてきそうな場所、山や空が近い場所。この川の横にあるファームのコテージを借りました。Makarora River Ranch、とても素敵なところでした。オーナー夫妻とも仲良くなれて、きっとまた将来行きたい場所になりました。
ニュージーランドの旅−1_b0058160_2213229.jpg
このファームで息子がもらったお仕事は、この子羊にミルクをあげることでした。ものすごい勢いで飲みます。生命力のみなぎった小さな子。ファームに遊びに来ていたオーナーのお孫さん、11歳の女の子が、なんだかんだと息子を引っ張りだしてはファームを案内してくれていました。言葉も通じないのに、ちゃんとコミュニケートしているわね、とオーナー奥さんも笑っていました。怪しい二人組は、りんごをもいで木にぶつけて割って、牛やヒツジに食べさせたり、牧羊犬に追い立てられたり、鹿の骨を並べたり、ぬかるみに入ってどろんこ足になったり、ワイルドに遊んでいました。子供って偉い!
ニュージーランドの旅−1_b0058160_2213525.jpg
次の日、マカロラと西海岸のハーストをつなぐ国道(ハーストパス)沿いを散策しました。これはマカロラから少し西に行ったところ。下の川ではフライフィッシングを楽しんでいる人たちがいました。山と川の調和が美しくて、思わず停車した場所です。





ニュージーランドの旅−1_b0058160_2356389.jpg
Mt.Aspiring National Parkの中に入ります。この向こうに見える山が、たぶんアスパイアリング山と思います。南島ではマウントクックに次ぐ高さで、とんがった先の形がとても雄々しく美しい山です。




ニュージーランドの旅−1_b0058160_2359487.jpg
ハーストビーチです。ここは西海岸、この海はタスマン海です。何キロもつづく砂浜は、端が遠すぎて見えません。絶景です。ただ、波が高すぎて泳ぐのは無理そう。聞けばサーフィンのメッカだそうです。なるほど。この広いビーチに私たちの他にはたった一組の若者たちのグループがいただけでした。波の音を心地よいBGMにして、ここでランチを取ることにしました。朝コテージで作ったサンドウィッチを気持ちよくほおばっていた私たちでしたが・・・・西海岸の吸血鬼=サンドフライに襲われてしまいました。これに刺されると1週間くらいかゆいのです。クマもオオカミもイノシシもいなくて安心なNZで、最も危険な生物かもしれません。

この後、ハーストパス沿いの滝や川を散策して、展望台に登ってコテージに戻りました。
NZの南島は東海岸の方が開けています。日本と同じで真ん中は高い山が多いので、西海岸に行ける道は3本しかありません。そのそれぞれが本当に魅力的なのです。その一つがこのハーストパスです。暮らしていたころ、他の二つの道はゆっくり観られたのですが、ハーストパスは駆け足だったので、心残りでした。今回堪能できて嬉しかったです。

この翌日、やはり暮らしていた頃の心残り、私の悲願だった、ロブロイ氷河を観に行きます。今日はまずここまで。
by horii-ent | 2012-01-23 00:15 | 家庭
line

堀井耳鼻咽喉科の女性医師の毎日を紹介


by horii-ent
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31